どんな機器なの!?リバブレーションチャンバーについて

リバブレーションチャンバーはどんな時に使うか

携帯電話やスマートフォンは、無線を利用して様々なデータをやりとりしていますよね。そのため、無線アンテナを開発するためには実反射環境を実現できる機器が必要になるんです。それが、リバブレーションチャンバーです。スマートフォンなどに使われる無線機器用のテスターと使うことによって、無線アンテナがどのくらいの性能なのかチェックすることができます。そのため、リブレーションチャンバーはスマートフォンを作るために欠かすことができない存在なんですよ。

どんなメリットがある機器なのか

これまでスマートフォンなどを開発するために、実反射の環境を作ろうとすると設備を準備するだけでも大変でした。しかし近年では高性能のリバブレーションチャンバーも小型化されるようになり、中小企業でも環境を作ることができるようになったんですよ。製造コストも下がっているため、低コストで導入できるようになったのも大きな魅力なんです。普通のオフィスでも、リバブレーションチャンバーでアンテナの性能を調べられるようになりました。

どんな測定を行っているか

無線端末の規格は以前よりも増えているため、スマートフォンを開発するためには多くの検査が必要になっています。このような場合に、リバブレーションチャンバーを用いることで双方向性の受診感度やスループットなど多くの検査ができますよ。現在では性能の評価や製品の開発のために欠かすことができません。多様化される無線端末の性能を効率良く調べるためにも、リバブレーションチャンバーで実反射環境を作るのはとても大事ですよ。

リバブレーションチャンバーは先端技術を全面的にサポートしてくれるので困難な状況になったときでも最適な環境を作ってくれます。