自作でも簡単に!よく分かるネームタグの作り方

自分の目的に応じてカスタマイズ出来るのが最大の魅力

市販のネームタグには色々なタイプがあるものの、それらの全てが自分の目的に完全に合致しているとは限りませんよね。サイズが微妙に大きかったり、取り付けるアイテムや家具のデザインにマッチしていない等、もうひと工夫欲しいケースが結構多いものなのです。それを無理して仕方なく購入するのも良いでしょうが、せっかくのお金を少しでも無駄にしたくないのであれば、やはり簡単に出来る自作という手段に出るのも良いものですよね。

材料は近隣のお店で簡単に揃う

自作ネームタグを作る上で肝心の材料確保ですが、こちらは近所にあるホームセンターや文房具店、あるいは最近多くなってきた100円均一ショップにて殆どを揃える事が出来るでしょう。丈夫でペン記入に適した厚手の紙や、それを水濡れから守るビニルカバーやフィルム、そしてタグとしてアイテムに掛けたり吊るしたりする紐や細い針金等を購入すれば、それらを適当な大きさに切って最適なサイズやデザインのネームタグが出来上がる筈。デザインに関するセンスは作る人に依存しますが、きっと満足出来るに違いありません。

一度コツを掴めば定期的な更新も容易に

一度自作ネームタグの作り方を会得しさえすれば、その後しばらく利用し劣化が激しくなった時の更新も大変楽なものとなるでしょう。時には思い切ってデザインを変えたりカラーを変えたりして変化を付ければ、それらの作業におけるマンネリ化を防ぐ事が出来、モチベーションも長く保てる筈。また作り方を更に複雑かつ丈夫にする事によりネームタグの耐久性を上げ、より更新コストを抑える事だって出来るでしょう。特に過酷な環境に晒されがちな水回りや庭先のアイテムでは耐久性や防水性は必須。作る上でそれらの対策を考えるのも楽しいものですよね。

ネームタグとは、自分の名前を書いた下げ札のことです。つけておくことによって、仮に落としても元に戻ってきやすくなります。