なかなか踏み出せない包茎治療、恥は一時、やらぬは一生の恥

日本人の半数以上は悩んでいる?

男性同士下半身の大きさや形など、友人・知人の間で話題になって盛り上がることもありますが、その時に自分が包茎だからとは中々言い出せないものですよね。「包茎」という言葉を聞くと、「不完全」「不衛生」というイメージを抱いたり、女性とのベットシーンがあればなんとなく気恥ずかしさを感じてしまうものです。手術をしようにも中々踏み出す勇気が持ちにくい包茎治療ですが、ここでは包茎を治療した方が良い2大理由をご紹介します。

下半身の清潔さが保たれる!

包茎も種類がありますが、ここでは日本人に一番多い仮性包茎を例にあげます。仮性包茎はペニスの皮が亀頭までのサイズに対して必要以上に長く、勃起時に通常時または勃起時に亀頭が皮に包まれて完全に見えない状態ですが、ペニスはオシッコをしたり、女性と性交渉したり、精液を出したりと内部から外部から色々な液体との接触機会が多い場所です。手なら水道で洗えば済みますが、ペニスはそうはいきません。例えば、ずっと手にビニール袋をつけたまま一日過ごしたら、その中は蒸れて不愉快な気持ちになりますよね。ペニスにとっての皮は外部からの刺激から守ってくれる鎧であると同時に、通気性を悪くしてしまうものなのです。キチンと亀頭を出して通気性を保つことがペニスの清潔さを保ち、ひいてはご自身の健康を守るためにも重要なこととなります。

スキンコミュニケーションに自信が持てる!

愛する人とのベットタイムはもちろんのこと、ゴルフの後のお風呂、通常の温泉、プールなど、裸になるシーンは思った以上に日常にあります。お風呂や着替えなど、下半身を隠す方も多くいらっしゃいますが、「マナー」として隠しているのか「包茎を見られるのが恥ずかしい」から隠しているのかで心の負担は大分違いますよね。特に気心知れた友人間でお風呂で裸の付き合いをしていても「あいつに見られて馬鹿にされたらどうしよう」と思いながらのコミュニケーションは楽しさが半減してしまいます。「恥は治療時の一時、やらぬは一生の恥」です。包茎でお悩みの方は、自分の人生を前向きに、健康に過ごすために治療の一歩を踏み出しましょう!

包茎には3種類あります。一つは仮性です。もう一つは嵌頓です。最後の一つは真性です。日本人男性の半分以上は仮性です。