もはや常識?LED照明に切り替えるこれだけの理由

寿命が長いので交換の面倒もない

従来の蛍光灯は、寿命が短いのがネックでした。しかし、LED照明が登場してからというもの、照明の取り替えはほとんどしなくてよくなりました。LEDは寿命が非常に長く、十年以上はゆうに持つとされています。普通に使ってそれぐらいの寿命があるわけですから、あまり使わないトイレや階段の電気なら、二十年でも使い続けることができるかもしれません。これだけ寿命が長いと、交換をする手間も省けて最高です。お年寄りは電球の交換をするだけでも一苦労ですよね。LED照明に切り替えれば、そうした面倒は少なくなります。高齢者なら、死ぬまで電球を取り替えなくていいということもあるかもしれません。

電気代が下がって月々の出費が減る

LED照明の電気代は、従来の蛍光灯の数分の一です。つまり、家の中の照明をすべてLEDに切り替えれば、月々の出費がかなり抑えられるというわけです。電気代は積もり積もって大きな額になるものですよね。ここでコストダウンができるのは最高です。家の中の電気をすべてLEDに切り替えれば、電気会社との契約も見直していいかもしれません。もっと安い料金体系のものに変更をしても、ブレーカーが落ちてしまうことはなくなる可能性が高いです。

明るさも申し分なく従来通りの生活が送れる

LED電球は電気を消費しないので、暗くなってしまうのではないかと考えている人も多いことでしょう。しかし安心してください。LED電球は少ない消費電力で非常に明るい光を放出してくれます。LEDに切り替えたからといって生活が不便になることもないでしょう。

LEDライトパネルは光が拡散しにくいLED照明を使っているので日中でも目立ちやすく、宣伝効果が高いのが利点です。その一方で衝撃に弱いので、設備が破損しないように丁寧な扱いを心がけます。